編入学基礎Ⅰ(2単位)

文系編入ラストスパート...!!!

神戸大学経済学部 合格体験記

初めまして!H30年度の神戸大経済学部3年次編入に合格したqと申します!

 

地方国立工学部に在籍していて、1年間の休学を経て文転しました!経済知識0、TOEIC公式スコア450点から休学独学宅浪で2017年4月~11月まで勉強していました。

休学していてとにかく時間があったので、勉強時間で殴るスタイルでした。効率よく勉強したい人にいはあんまり役にたたないかもしれません。ですので、伝えたいこととか勉強時間 とTOEIC点数とか経済理解度の相関とか載せていこうと思います!

ちなみに勉強時間は休憩とかを除いた実質勉強時間です。総実質勉強時間1200時間くらいでした!0から始める方はこれくらいやるとこれくらいまでできるようになるのかっていう参考になるかなと思います!

 

TOEICについて】

4月~7/22まではとにかくTOEICをしていました。結論から言うと約400時間で4月575点→7月770点まで伸びました。ただ、6月にバイトしすぎてほぼ勉強しなかったら点数が下がったので絶対継続して勉強しましょう。6月しっかり勉強していたら7月はたぶん800は超えてたんじゃないかなと思います(自惚れ)

ちなみに自分は770点で合格発表日まで死ぬほど悔やんでました。時間のある一年生の人たちは800点超えるよう頑張ってください。

 

TOEICは適切な参考書(これは774の方のブログを見てください。ここに自分の使った参考書全て載ってます。)でしっかり勉強時間確保すれば700点は絶対超えます。去年一年間編入志願者のTOEIC点数を見ていてこれは確信しました。

 

自分は4.5月の2ヶ月で243時間勉強してました。ですので、4月575→5月750(IP)720(本試)の約150点upのためにかけた時間は250時間くらいだったみたいです。TOEICと勉強時間の相関によると、200~300時間勉強すると平均100点アップするみたいなのでそんなところかなと思います(英語知識0の社会人が毎日2時間3ヶ月やると仮定していると思うので大学受験で英語やった学生ならもう少し上がるかなと。)ソース載せておきます

TOEIC 700・800・900点に必要な勉強時間と問題数の目安 | TOEIC 900点&英会話上達をめざす英語勉強法・参考書まとめブログ|Enjoy Life in English!

ここのサイトには本当に本当にお世話になりました。編入試験後にも役立つサイトなの是非読んでみてください。

 

6月は30時間くらいしか勉強してませんでした。説得力全くないですがもう一度言います。TOEICは本当に継続なので毎日少しずつでもやってくださいお願いします。まじで後悔しないで欲しいのでなんども言いますけど継続です。継続継続継続継続継続!!

 

7月は心入れ替えてめっちゃ勉強しました。7月22日までに114時間やってました。114時間でめっちゃやったの?とか休学ニートのくせにその程度?みたいなのは聞こえません。あーーーーあーーーー聞こえない聞こえない。

 

ちなみになんですけど、結構休学って大変でした。

「は?休学なんて講義ないし365日休みで自由でだろ!甘えんな!!」って声が聞こえてきそうなんですが、自由すぎて大変なんです。

小中高大と週5で学校がペースメーカーとなっていたのに、急に週0になると生活が本当に狂いますし自己管理ができないとまじで詰みます。僕は13時とかに起きた日も結構ありました・・。あと、曜日感覚も狂います。ちなみにまだ治ってません。

 

あと、休学する前は「毎日勉強できんじゃん!朝6時に起きて夜10時まで勉強してやる!!」とか思ってたんですけど、僕は無理でした。一応机には毎日10時間くらい向かってはいて、拘束時間は期間中1800時間くらいだったと思うのですが、先ほど書いたように約1200時間しか実質勉強はしていません。「じゃあ残り600時間何してたんだよ!!」って質問があると思います。100時間は東北大対策の小論文に割きました。じゃあ残り500時間はというと、10分休憩しよう・・・とか、お昼食べたりとかの小さい時間が積み重なって1日2~3時間のロスになってしまったのです・・。なので、休憩とかは時間計って休憩するようにするといいかもしれません。これは非休学者の方にもおすすめです。

 

 

もうひとつ、休学していると本当に落ち着きません。試験結果出るまで常に透明人間が「勉強しろ休学ニート勉強してない時はお前はニートだぞ」って耳元でささやいてくる感じでした。お風呂にいてもトイレにいてもご飯食べててもささやいてきました。夢にも出てきました。

 

 

話がそれてしまいました。申し訳ありません。

今のところ神戸出願に間に合うTOEICは7月が最終なので、計画を立ててTOEIC勉強頑張ってください!

 

【経済について】

本格的に経済の勉強を始めたのは3ヶ月くらい前の8月からで、基礎から固めてやっていく暇がなかったのでとにかく神戸大の公開されてる過去問23~29年度を完全にできることを目標に勉強してました。

試験受ける頃にはほぼできるようになってました。コツとかはないです。とにかく参考書読みまくって理解してください‥。

 

参考書については774がレビューしてくれているのでそっちを参考にしてください。実質勉強時間は600時間くらいかなと思います。これくらいやれば中谷マクロ芦谷ミクロまではいけると思います。

 神戸大学を受験されるかたは、神戸大学経済学部教授の芦谷先生の書いたミクロの教科書を使うのがおすすめです。神戸大を受験されない方も基礎を固めるのにすごくいい本だと思うのでぜひ使ってみてください。

 

 

【数学について】

数学については数Ⅲ~学部一年前期で学ぶようなレベルかなと思います。

 

年度によっては高校の数学の公式が出てたりするので時間があるなら高校の数学も見直した方がいいかもしれません。使った参考書は石村園子さんの微積分、線形代数のこの2冊と過去問です。

線形代数の正規直行、微積分の重積分は今まで出ていないので時間がない方は飛ばしましょう。余裕のある方、数学で点を取りたいと思ってる人は念のためやりましょう。この2冊をやれば7~8割は取れると思います。僕の年はこの2冊で75点は取れました。(自分が取れたとは言ってない)

僕の年は25点分この2冊じゃ解けない問題が出たと思うのですが(自分が解けなかっただけかもしれませんけど)60点取ればほかで十分カバーできます 。

 

僕は経済に最後の最後まで時間をかけていたため、数学は2週間くらい前から過去問とさっき挙げた2冊をやりこみました。微積とかを大学で勉強した人は短期間で詰め込むことも可能かもしれません。逆に数Ⅲを取ってない方等、数学に苦手意識がある方は早めに取り組むことを強く勧めます!数学は実質100時間くらいしかしませんでした。ただ、学部時代、高校時代を合わせたら多分300時間くらいはしてるかなと思います。

 

【神戸大の最低点】

皆さん最低点気になりませんか??

僕は受験期の最後の最後までこの情報がほしくてたまりませんでした。七夕でもサンタさんにもお願いしました。う〇せえ!!俺は主席合格目指してるから最低点なんて知らなくてもいい!!って人は飛ばしてください。 個人的には時間がない人は最低点から逆算して勉強することをオススメします。僕もそうしていたので。

僕が受験生の頃は「神戸は7割が最低です」ってブログ(確か2013年度くらい)があってそれを信じていたのですが、まったくそんなことはありませんでした。自分の一つ上の代は260/425前後で合格者が出ているようなので6割とれば合格圏のようです。もちろんみんな取れたら最低点は上がると思いますがだいたいこれくらいと考えて大丈夫だと思います。

自分の代は判明次第後日書きますね。

 

【合格戦略】

神戸大学の科目は

英語(TOEIC)150点

数学100点

経済100点

志望理由書75点

∑425

です!

神戸は点数が明確なので計画を立てて勉強していきやすいと思います。TOEICの配点が150点と高いため多少数学経済が苦手でも1年生の頃から計画的に英語を勉強してTOEIC800点持っておけば志願理由書50点として、経済と数学50点ずつでも受かるのではないかと思います。ちなみに志望理由書の平均はだいたい40~50点くらいらしいです。

TOEICの点数がどのように換算されているかも判明次第追記します!

 

 

 

【試験を通して学んだこと伝えたいこと】

時間配分を考える 

基本的なことなんですけど、試験時の時間配分は本当に大切にしてください。僕の代の試験は経済が難しかったため、経済は中間点を取ることを目標として徹底的に数学の見直しをしていました。この甲斐もあり、3問30点分のミスに気づくことができました。おそらくですが、数学の見直しではなく、わからない経済の問題に固執して時間を浪費して見直し時間を削っていたら落ちていたと思います。

 

 

 2とにかく継続して勉強する

勉強してて辛くなる時があると思いますが、とにかく諦めないでください。辛いときは1日完全オフにするのも僕はいいと思います。特にスランプ時なんかはいったんペンを置いて散歩でもしてください。

自分は経済科目で途中スランプが来ました。特に覚えているのが理解していたはずの独占の価格を求める過程で「なんでここ2倍されるんだ‥‥??(この時既に9月下旬)」てなことなったり「ISLM分析の計算問題なんでこうシフトするんだ‥??(この時すでにry)」てなことになったりしました。

経済未履修の方にわかりにくい例えだと思うんですけど、基本的な問題が解けなくなってしまったってことです。相当ヘコみましたし落ちるんじゃないかっていうプレッシャーもやばかったです。自分なりに基礎を固めてきたつもりが、問題が解けなくなると「やってきたことが無駄だったのか‥独学、ましてや他学部からの編入なんて無理なのでは‥」と思ってしまいます。自分も人間なので。

この件とかいろいろなことが重なって精神的に辛くなって、出願3日前くらいの夜中に本気で神戸の出願をやめるか悩みました。神戸の合格発表の5日後に東北大の試験が控えていたため、落ちた状態で受けるのは精神衛生上よくないと思っていたからです。

 でも、あれだけ頑張ってきたんだからきっと自分はいけるはずだ

 と自分を信じて出願しました。このように最悪の精神状態時に思考の転換ができたのは、4月からとにかく勉強をやってきた"積み重ねの勉強時間 "がそうさせたんだと思います。自分がやってきた努力の軌跡を信じてみてください。それで落ちたならこの試験はきっと悔いはないと思いますし、どちらに転がっても人生における大きな財産になることは間違いないと思います。

 

 

 

長くなってしまいましたが、挑戦してみる価値のある試験だと思います!受ける方は頑張ってください!相談とかはDMに下さい!

 

神戸大学経済学部の他の記事

www.univ-transfer.online

www.univ-transfer.online

 

募集要項はこちらです↓

www.econ.kobe-u.ac.jp

 

記事担当者

q(@QA4qeayo9a0221)