編入学基礎Ⅰ(2単位)

文系編入ラストスパート...!!!

神戸大学経済学部合格体験記?誰が言ったの?

オハヨォォォァ!コォンチワァ!コンバンワァァァ!オ゛ヤスミィィィェ!

 

おきてえええええええ!

 

はい(唐突)某VTuberじゃ、ないです

 

気を取り直して、おはようございます。今書いているのが朝なのでおはようございます。

神戸大学経済学部編入試験の合格体験記を書かせていただきます八月一日(ほずみ)です。たくさんある記事の中から私の記事に目を通してくださりありがとうございます!!今見ている方が来年度以降の試験でいい結果を残せることを祈っています。

 

今後編入のことを振り返ったりしたくないのでtwitter垢は控えておきますね。卒業したのに部活や学校祭にデカイ顔してくる先輩とか嫌じゃないですか?そんなのにはなりたくないのでww編入のこととか全く呟いてないし見るだけ時間の無駄ですので。話を受ければいくらでも相談乗るくらいならしますが自分から、っていうのは性に合わないですね。

 

記録とか残してないし試験が終わってからこれ書くまであまり編入のこととか考えてもいなかったので記憶に残る限りのことを書かせていただきます。

 

最初に申し上げさせていただきますが、私は他の編入試験受験生とは全く違います。もちろん悪い意味ですが…ですので全く参考にならないところも多いと思いますし、参考にしたところで逆に合格から遠ざかることも十二分に考えられますので酒のつまみ程度に「あ~、こんな奴もいるんだな」と読むくらいがちょうどいいかな、と思います。

 

合格体験記ですが反面教師にすることを強くお勧めします。(ならいっそ不合格体験記にするか??)

 

志望理由はいたって単純です。

 

ただの学歴コンプです。

 

国公立志望でセンター受験した経験がある方ならわかると思いますが、それなりの難易度以上の大学になると科目選択次第では出願すらできない、って状態になっています。高校の時は理系でそこから文転って形なので選択科目の理由である一定以上の大学が志望すらできなかったこともあり、二次試験の科目少なさで受験先を適当に決定しましたが、これが大失敗。いくら国立といえども下位国立なので卒業後の世間からの評価も低い。それなら編入するしか選択肢がなかったわけです。(そもそも編入で別大の同学部狙う人はいろいろ言っても結局はロンダリングでしょww)

 

私は予備校に通うようなことはしてないですし、在籍している大学の教授にアドバイスをもらったりしてない完全な独学勢ですので、ほかの受験生とはこの点大きく違っていると思います。多くの受験者が悩むであろう志望動機も誰かに添削してもらわないで誤字脱字だけ確認して提出したって感じでした。

 

編入受験への対策を本格的に始めたのは8月の終り頃だったと思います。これは本当に遅すぎなのでもっと早めに取り掛かった方がいいです、確実に。

 

もともと私が経済学部だったのと個人都合でミクロマクロの基本事項はある程度理解できていたので2か月で間に合いましたが、他学部から経済学部を狙うなら今すぐにでも対策した方がいいです。

 

神戸大学経済学部の試験が30年度からTOEICスコアの提出と数学と経済学の2科目必答に変更されました(神経目指している方ならご存知かと思いますが)

 

まず僕が異端と自称する理由はTOEICスコアの低さと、試験に対する心持の違いにあると思います。提出したTOEICスコアを言いますと600点前半です。編入試験は800点無いと合格できないとかドヤ顔で言っていた先人(笑)の方、息しているんですかね。これに関しては本当に運がよかったとしか言えません。

 

それに意識の低さですね。上の方で8月終わりに対策を始めた、って言っていますがまともに勉強していたのは9月の間くらいです。それまではバイトしていたので。

 

9月は1日10時間以上勉強していましたが、10月になったら大学が始まったのと誘惑に負けてソシャゲを始めてしまったのが相まって6時間もやっていなかったですし、最後の1週間はほとんど勉強していませんでした。受験直前の勉強時間ではありませんねこれ。

 

編入試験は情報戦なんて言われていますが、私にとっては編入試験の情報って何?ってレベルでした。過去問数年分さえあれば他はいらないでしょ、って思っていました。

 

特に神戸の場合は筆記試験だけなので情報収集する暇があるなら経済用語の一つでも覚えることに使った方がよっぽど時間を有意義に使える、と当時は思っていましたしその考えは今も変わってないです。

 

結局は当日の数学と経済学で点を取れたら合格できます。編入予備校行ったり、自称編入アドバイザーにお金を無駄に払ったりするくらいならソシャゲにでも課金した方がよっぽど有意義だと思いますよ。予備校に行くのが完全に時間とお金の無駄とは思いませんが、試験当日に見たことない形式の問題を見たときにそれを取り扱っていなった予備校に責任を擦り付けるようなことだけはやめた方がいいと思います。

事実、私は受験前にも関わらず数万円はソシャゲで溶かしているので…

 

試験当日ですが、受験者控室に行って最後のあがきをするもよし、キャンパスの中をお散歩してリラックスするのもありだと思います。私としてはお散歩することをお勧めします。キャンパス内は階段多すぎで疲れますがww

試験直前に参考書眺めて理解できないとこあったら不安になりません??私はなります。中学生の時から試験直前に参考書を見ることを愚行と定義しているので一切やってないです。それまで自分がやってきた勉強に自信は持てないのか、って(唐突の自分語り)

 

試験会場あるあるですが、自分以外の受験生がみんな頭よさそうに思えてしまうあれ、いったい何なんですかね。あと、筆記しかないのにスーツ着てくる受験生。マジやべぇ(語彙力)

 

まだ30年度の試験問題は出てないと思うのですが、試験形式だけじゃなく出題傾向も大幅に変わっていました。経済学に関して言えば、出題傾向の変化と難化のダブルパンチです。試験問題見た瞬間に不合格を察知してしまったほどです。(前の席の受験者は開始数分で諦めて寝ていたような気がします。金と時間の無駄よそこに究めり)

 

大学の公式HPで過去3年分の試験問題が確認できます

www.econ.kobe-u.ac.jp

 

 

総合的な試験の出来は当日点200点中150とかそれくらいだと思います。

経済が80弱で数学は75前後ってところだと思います。あくまでも推測ですが、この2つの科目である一定以上の得点でないと自動的に不合格、みたいなシステムがあるかもしれないですね。それなら私のようなTOEICスコアで受かったことの辻褄が取れるので

 

TOEICも得点率をそのまま150点満点に圧縮しているとは思えないので600点前半で60点くらいに圧縮されているかと思います。今年から採用されている形式ですので断言はできませんが…

志望動機については皆目見当もつきません。申し訳ないです。志望動機に何を書いても最終的に合格すればこっちのものなので優等生感マシマシで書いてしまえばいいと思います。志望動機の子にロンダだったり在籍大学が嫌だったりする本音がある場合はそれを上手く誤魔化せられるか、それに尽きると思います。

 

おすすめの参考書とか書こうと思ったのですが、まず参考書は人によって向き不向きがありますしこの参考書を使ったら絶対受かるとかありません。当然ですが、どんな参考書を使っても受かる人は受かりますし、落ちる人は落ちます。特に経済学に関してはどれだけ基本を理解したうえでどれだけ応用できるかが重要だと受験してみて実感しました。私が使った参考書の中で神大経済に合うようなものをいくつか紹介するのでご参考までに。

 

ミクロは芦谷ミクロですね。数学が得意な人や、経済学徒であればいきなりこれに入っても大丈夫だと思います。

 

 

マクロはマンキューか中谷ですね。マンキューはつい最近新版が出ていたので第三版ならAmazonの中古とかで安く購入できるかと思います。

 中谷マクロ 

マンキュー

今回の試験を受けてみてマクロの応用が必要だと感じたので余裕があればこれもやってみてもいいと思います。基礎って言ってるけど全然基礎の内容じゃないので

 

マクロ経済学基礎講義

 

数学はこれですね。線形や偏微分をあまりやったことない場合は別の基本書からやった方がいいと思います。フーリエや重積分みたいな理系分野も書かれているので必要な部分をよく考えてやった方がいいと思います。気分転換に読んでみてもいいかもしれませんね

編入数学徹底研究

 

参考書を新品で買うとかなり高いので一度大学の図書館で探してみるのをお勧めします。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。ページレイアウトがヘタクソですみません

 

 

神戸大学経済学部の他の記事

www.univ-transfer.online

www.univ-transfer.online

 

記事担当者の他の記事

www.univ-transfer.online

 

募集要項はこちらです↓

www.econ.kobe-u.ac.jp

 

記事提供者

八月一日(ほずみ)