編入学基礎Ⅰ(2単位)

文系編入ラストスパート...!!!

大阪大学経済学部3年次編入試験受験記(反面教師推奨)

こんばんは、八月一日(ほずみ)です。この記事を書き始めたのは夜です、えぇ…いや眠い

 

神戸大学経済学部では合格体験記を書かせていただきましたが、今回は不合格体験記です。

「不合格体験記やし読まんでええやろ!w」ってブラウザバックしないでまぁ見ていってください。

 

【忙しい人のために三行でまとめた不合格体験記】

経済史の対策を始めるのが遅かった。

一次の筆記試験は合格し二次試験に進む。

二次試験面接落ち。

 

はい、もうこれでいいです。ブラウザバックしてもらっても構いません。要はいつものように対策始めたのが遅かったのと、面接対策を何もしていないから落ちた、ただそれだけです。ここからは上の3つを長々と書くだけなので忙しい方、不合格体験記には興味がない方はブラウザバック推奨

 

 

大阪大学はとても良心的です。何しろTOEICスコアの提出がないので、TOEICがくそ雑魚ナメクジの私でも気兼ねなく出願することができました。ですが、今後TOEICなりTOEFLのスコア提出が求められる可能性もあるので大学のHPからしっかりと確認しておいてください。

大阪大学 経済学研究科・経済学部 

 

試験科目は、必答の英語と選択科目です(マクロ、ミクロ、経済史、会計、統計から4科目)。私が選択したのは会計学を除いた4科目です。

 

神大の翌週が試験だったのである意味猶予は1週間です。私は神大が本命で阪大は記念受験のようなものだったのですが、神大の試験の出来があまりにも悪く、合格した気がしていなかったのでかなり追い込まれていました。

 

ミクロ、マクロは置いといて統計と経済史が試験科目になっているのは阪大くらいだと思います。京阪神の3大学しか調べていなかったので調べていないのでわかりませんがww

阪大の1週間前まで経済史の勉強は一切していませんでした。参考書は買っていましたが、1文字たりとも読んでいませんでした。そこから西洋、日本経済史の2科目を3日で終わらせました。阪大を本命に考えるのであれば早めに取り掛かった方がいいです。これはマジで。私を反面教師にすることを強く勧めます。

試験前1週間では英語も特別何かをやった、ということはありません。やらなくても解ける自信がありました。いや、なんか、専門科目の経済学について書かれた英文って事前知識があるから初見の単語が出てきても余裕で読めるんですよね。事実29年の過去問を見てもすらすら読むことができていたので

 

試験当日は開始時間まで例のごとくキャンパス内のお散歩をしていました。阪大は受験者控室のようなものが準備されておらず、試験開始30分前に会場が開く、といった感じだったと思います。

 

午前中は英語90分、休憩をはさんで午後から専門科目180分です。

一次試験の出来(感覚)は

英語8割弱、ミクロ満点から9.5割、マクロ7.5割、経済史8割前後、統計学1割弱

ですね。(統計学雑魚杉ワロタwwww)

 

英語の内容はミクロ経済学から機会費用に関するものと、経済史からドイツの工業化に関する内容でした。

 

ミクロは予想していたよりもかなり易化、

簡単な最適消費の問題やナッシュ均衡の問題

マクロは若干難化、経済史は例年通り、統計学は問題すべてに目を通すことができず、回答できたのは最初の数問だけでしたがこれもまあ例年通り。経済史と統計学は要点を抑えながら勉強できていれば高得点が取れます。試験時間の使い方だけは試験前に考えることを強くお勧めします。

 

阪大は大学側が過去問をHPに掲載していないので募集要項を取り寄せる際に1年分だけ手に入れる形ですね。この点と合格発表を郵送のみで終わらせる点、この2点は不親切ですホントに。

 

一次を通過したのは20人程、面接は一次試験の結果発表から2週間後でした。

 

面接こそはしっかりと対策した方がいいと思います。

一部情報筋から阪大の面接は圧迫面接だと聞いていましたが、実際はそこまで圧迫という感じではありませんでした。面接時間10分程度、面接中に教授たちが笑う瞬間があるなど和やかな雰囲気でした。圧迫面接というより開放面接ですあれ。面接官の教授は8人いましたがww

面接しながら手元の資料を見ていました。多分提出した成績証明書やら一次試験の成績が描かれているものだと思います。それと面接試験の採点表ですね。てか、面接の採点って何を基準にしているんですかね

 

面接で聞かれた質問を覚えている限りで書き出すと

「大阪大学に期待すること」

「今の大学のゼミでは何を主に取り扱っていたのか」

「合格したとしてどの先生の下でどんな勉強をしたいか」

「英語の勉強はどの程度できたか、一次の英語の出来はどうか」

 

「感情を数値化できると思うか」←???!!?(知るかハゲ)

 

一次試験の統計学でもっと点数が取れていれば受かっていたのかなぁ、とは思いますが時間不足なので何を言ってもしょうがないです。経済史を選択するつもりの方は時間が少なくなってしまう恐れがあるので注意した方がいいと思います。

 

使用した参考書を載せておきますが神大の体験記にも書いてあるように合う合わないがあるので、購入前には熟考してください。大学図書館にある場合はそこで借りることで費用を浮かすことができますね

 

英語

和訳と英文読解の部分だけ使いました

 

ミクロ

参考書

 

演習本

 

経済史

西洋経済

 

日本経済

 

統計

新版出てますが内容はあまり変わってないかと思います

 

 

神大の方でも言いましたが、対策を始めるのは早いに越したことはないです。特に阪大は受験科目も多いので早めに、最悪でも4か月前には始めるべきです。併願する場合、なるべく最初に選択する科目を決めたうえで科目が被るところを受験するといいかもしれないです。

 

 

阪大と神大の体験記を書き終えたのでこれで編入について振り返るのは最後にしようかと思います。もし何かあればtwitterとかでDM飛ばしてもらえればいくらでも対応します。IDは載せませんがwwwこのブログに寄稿している方何人かとはFFなのでそこから探知することはできると思いますが、そんなことに時間は使わない方がいいと思います。

 

最後に、

ページ上部で阪大は良心的といったな?あれは嘘だ。

阪大はクソ!w

 

 

募集要項はこちらです 

大阪大学 経済学研究科・経済学部

 

記事担当者

八月一日(ほずみ)