編入学基礎Ⅰ(2単位)

文系編入ラストスパート...!!!

名古屋大学 経済学部 合格体験記

Twitterやはてなブログを利用していないので、じょーむさんに委託して匿名で受験体験記を寄稿させて頂きます。

名大の具体的な試験の傾向や今年の状況についてはじょーむさんが細かく分析されていますので特筆する事はありません。また、経済学やTOEICに関する具体的な勉強法も他の大学を受験された方々が詳しく書かれているので割愛させて頂きます。
元々自分は京大志望だったので初めはそこだけを目標にしていました。が、TOEFLの結果が出願までに来なかったのでTOEICで出願できる名古屋大だけを受験する事にしました。(神戸大の経済は数学必須だったので避けました笑)結局、スコアが届くのに2ヶ月近くかかったので京大志望者は遅くとも7月には受験し終えておくのがいいと思います。以下、一回生から直前期までの時系列を簡単にまとめました。試験対策としてやっておいた方が良いと感じた事は後述させて頂きます。
【一回生の4月〜年末】編入を決意。この時点で大学で受けたTOEIC IPは630でした。この時期はとにかく単位を揃える事を意識しつつ、バイトで編入資金を貯めていました。
【年始〜二回生の夏】TOEIC TOEFLの学習を本格的に始める7月のTOEICで800超えたのでひとまず安心TOEFLは…8月末に受けて60超えましたが前述の通りです笑因みに出願前に揃えた単位は71、累積GPAは3.5/4でした
【夏〜直前期】願書提出直前に志望理由書が完成9月末までは月100時間ペースで勉強していました。試験が11月だったので、10月はバイトをせず1日8時間は勉強していたみたいです(StudyPlusの記録によると)
【本番】緊張しましたが、普段通りお気に入りの洋画のサントラを聴いてから試験に臨んだので何とか解ききれました。
あ、宿泊場所ですが、名駅周辺よりも雑多ですが金山をお勧めします。地下鉄一本で名大駅に着くので。
…ざっと時系列はこんな感じです。

 

続いて志望理由書に関してですが、志望大学で学べる事なら正直何を書いてもいいと思います。ただ、自分だけの視点だと独り善がりで論理性を欠いている場合があるので、独学の方もこればかりは編入予備校に行った方がいいです。もしくは、経済系の院生に知り合いがいらっしゃるなら見て頂くといいと思います。(院試には必ず研究計画書の提出が求められるので、一般の学部生よりレベルが淘汰されていると考えられるから)加えて774さんのおっしゃる通り、志望大の研究室訪問が可能であればアポを取って行った方がいいと思います。

 

また、自分自身は予備校には通っていませんでしたが経済学に詳しい友人と意見交換したり在籍校の教授にいろいろお話を伺ったりしました。志望理由書のテーマは決まってないけど編入したい…という方は今在籍してみえる学校でいろいろな分野の教授と顔見知りになると何か糸口が掴めるかもしれません。今回の名大の試験に関しては一回生で簿記二級までは学習していたので、経営学ではアドバンテージになったと思います。阪大神大等編入の科目として会計がある大学もありますし、編入後簿記の授業を取らせる大学(名大は4単位分)もあるので、もしお時間があるのであれば簿記はせめて3級までは勉強しておくといいかなと思います。

 

ここでお勧めのアプリを紹介させて頂きます。StudyPlus というアプリは勉強時間管理だけではなく他の受験者の方々と交流できるのが良かったです。自分自身独学で不安でしたが、このアプリで勉強時間を通して優秀な方々と切磋琢磨できたおかげで合格できたと思っています。(母数はTwitterの方が多いとは思いますが、本気で学習したい方は是非)

 

自分が編入対策として使った勉強時間は少なかったかもしれませんが、元々の学部が経済学系統だったので編入に失敗した時のことも考えて取れる授業気になる授業は取りまくりました。今回の試験問題も一回生で取ったミクロ経済学の範囲から、経営学では簿記2級で扱う管理会計に近い分野が出題されたので(今経済系を専攻されている方は特に)単位を揃えることだけを目的にするのではなく、自分が今いる大学で最大限に何かできる事はないか考えて行動する事が大切だと思います。以上の経験から、現段階でまだ1回生の方はぜひ授業を大切にして常に学べる事はないか考えてみてください。2回生以上の方も、今できることを一生懸命やってみてください。(今学期だけでもしっかり授業に出る、志望理由書をもっと濃いものにする…等)

 

この記事を読んでくださっている方で一人でも多くの方が編入試験に合格される事を願っています。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

**追記(2018/5/18)

名古屋大に編入して感じること

【単位と就活について】
・単位→ほぼ認定されないです…苦笑
出願時の48単位を教養科目分で認定されるだけです
従って今現在は単位がキツめですが、逆を言えばその分体系的に経済学・経営学を学びなおせるので個人的には楽しいです(笑)

また、制度上は3年で卒業に必要な単位は全て取り終えられるので、サボらなければ就活にも影響は薄いと思います。(内部生でも4年まで単位が残っている人は結構います)
では、実際どのような事を勉強しているのか?
次の項で軽くまとめてみます。

【学習内容と編入後の数ヶ月ですべき事】
まず、必修科目として
ミクマク・計量経済学・経済史・経営学・政治経済学・会計学があります。
前の6科目は編入を考える方であれば苦労する事はないと思いますが、問題は会計学です。
簿記3級から始まり、半期で簿記2級の合格レベルを要求されます。他学部出身の方はこれがきついみたいです。

なので、編入後数ヶ月の空き時間で簿記2級の勉強を終えることを強く勧めます。
もしこの時期にミクマクを一巡しているのであれば、大阪神戸(経営)を狙う方は選択科目で会計学を課されると思うので夏にでも試してみてください。
簿記にどのぐらい時間がかかるかは検索すると大まかな目安が分かります)

他の学習に関して、
名大志望に限らずおススメなのは、公開されていたらその大学のシラバスをwebで読む事!編入後数ヶ月は暇な期間があると思うので、シラバスを眺めて参考文献や授業内容をざっくり把握すると後々助かります。

あと規模が大きな大学に編入して良かったと思うのは大学院の授業を受けられる事です。
以前は院がどのような場所かイメージが湧いていなかったので、進路が決まっていない方は選択肢が広がると思います。

 

募集要項はこちらです 

www2.soec.nagoya-u.ac.jp

 

記事担当者

匿名希望