編入学基礎Ⅰ(2単位)

文系編入ラストスパート...!!!

岡山大学理学部地球科学科合格体験記

初めまして〜kush(@ks_shshbbc)です!

 

自己紹介

 

自分は今、k西大学の理工学部に在籍しています。  

僕は地学といいますかその中でも一般的な気象学と惑星気象学この2つにしか興味がなく、機械やパソコン触るのも得意ではありませんし興味がありませんでした。なので大学受験は国立大学の地球系の学部を志望していました。(私立大学にもあるんですが京産や東海大などにしかなく…)

次に興味がある学問は英語でした。高校時代も地学があれば地学が得意科目だったかもしれませんが余裕で英語が一番得意でした。センター英語も本番は9割とれてリスニングも8割きったことありませんでした!(すみません、誰もきいてないですね笑)センター利用で受かった外国語系の学部や外大に進学しようかと本気で迷ったほどなので、理系の方の参考になるかは分かりませんが書いていきます!

 

編入に至った経緯

 

前述の通り英語の道に進もうかとも考えたのですが、k大の理工学部に進学したのは、そう編入試験で再トライできると分かったからです!

なので今の大学の学問には全く興味がないですし(残留してたら転部してたかも)何より、クラスの半分以上は神戸大以上に収まる高校のコースにいたので意地でも編入しないといけませんでした。(学歴コンプ)

このように編入の意思がとても強かったので途中で辞めようとか思ったこともありません。

 

受験校について

 

岡山大学理学部の試験は例年6月中旬に行われていたのですが、なぜか今年は7月上旬に行われました。来年以降もこの時期かもしれません。他に工学部は実施しています。募集人数は理学部5学科で20人となっていますがそれ以上取ってる時も取ってない時もあるので何ともいえませんね。岡山大学は高専生と大学生の合格割合に偏りがないので、大学生不利のようなことはないと思います!ちなみに今年の僕の学科は6人中2人合格でした。

 

地球科学科の試験科目は

面接&口頭試問(数学、英語、物理or化学)(100点)のみでした。

 

試験の流れ

2つの部屋を順番にまわっていく形式でした。

1つ目の部屋で一般的な面接と物理の口頭試問

2つ目の部屋で数学、英語の口頭試問でした。

各部屋15分くらいです。

 

①面接

ごくごく普通の面接でした。

・志望理由

・入ってからどんな研究したいか

・その研究なんて言う名前の先生がやってるか知ってる?

・なんで岡山大学なの?

・他受けてる?受かったら入学する?

 

先生の名前は1人しか覚えてませんでしたが他は予め用意していたので答えるだけでした。

元々岡山大学に行く気はなかったのに(また別記事で書きます)咄嗟に「他は受けてないです、入学します」と答えてしまいました。これが良かったのかは分かりません笑

②物理

まずニュートンの三法則を説明して下さいと言われ、一瞬うっ、、となりましたが何とか落ち着いて答えました。その後、机の上に紙が置いてあるのでその問題をホワイトボードに解いて解説するってかんじです。問題自体はそこまで難しくなかったのですが、試験官がめちゃめちゃ突っ込んでくるので、物理の根本的なことがわかってるか見てるのかなと思いました。自分も解説不足で、もうちょっと詳しく説明してとか言われたらしたので時間切れで最後まで解けませんでした。

 

8割

 

③数学

同じくホワイトボードに解きます。

・線形代数(固有値)

・微積分(偏微分)

 

正直なめてるのかと思いました。徹底研究完璧にしてたら余裕です。

10割

 

④英語

大門1

長文(長文ではない)を音読して下線箇所を訳す

大門2

日本語を英語にする問題が3題

 

発音ゴリゴリで音読したら試験官ビビってました。笑(ビビってない)

君なんかやってたの?と言われたので、ESSに入っていてスピーチ大会とか出たりしてます。と答えました。

最後に、英語の資格なんか持ってる?と聞かれたのでトーイック705点と英検2級ですとちゃっかりアピールして試験終了です。

 

9割

 

手応えはあったのでこれで落ちてたら直接何で落ちたか聞きに行ってやろうと思っていたので本当に良かったです。

 

次回は書く時間があれば神戸大学不合格体験記とどんな勉強してきたかを書こうと思います!

 

読みにくい文章だったと思いますが最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

 

募集要項はこちらです↓

www.science.okayama-u.ac.jp

 

記事担当者

kush